住宅ローンの審査に落ちた場合の対応

住宅ローンを契約する際には審査に通過する必要があるのですが、審査に通過できなかったという人もいるかもしれません。
事前審査に関しては、金融機関によって条件が異なるので、他の金融機関に審査を申しこめば通過することができるかもしれません。
しかし事前審査に落ちたからすぐに他の金融機関の審査に申し込むというのは避けたほうがいいかもしれません。
連続して何度も審査の申し込みをすると、金融機関からの信用を得ることができません。
何度も事前審査に落ちているということはそれなりに理由があるということで、その金融機関でも審査に通過できないこともあるでしょう。
そのため、事前審査に落ちた場合には、一定期間おいてから申し込みをするようにしましょう。
事前審査に落ちた場合には、本審査を受けることはできません。
そのため次の審査に備えて準備をする必要があります。
シュミット君の審査に合わせて転職をするということはあまりおすすめ出来ません。
まずは自己資金を貯めるということを始めましょう。
自己資金があれば借入金を少なくすることもできますし、それなりに返済能力があると判断されることもあります。
中には複数の金融機関に同時に審査の申し込みをする人がいるようですが、これもあまりおすすめ出来ません。
金融機関は個人の信用情報を共有しています。
複数の金融機関に審査してもらった結果、落ちてしまった場合には、信用に傷がつくことになります。
自分の条件に合わせて慎重に金融機関を選んでから、住宅ローンの審査を受けるようにしましょう。

ローン借り換えの事例

ここでは借り換えの事例を紹介していきましょう。
自営業を営んでいる50代の男性は、最近収入が少なくなってきました。
専業主婦をしていた奥さんも、パートを始めたほどですが、それでもまだ不安があります。
子供が3人いて二人が大学生ということで、学費を払う必要があるからです。
そのため借り換えによって毎月の返済額を少なくしようと考えました。
住宅を売って賃貸に引っ越すことも検討しましたが、まずは借り換えを検討することにしたようです。
長男が会社員ということもあり、長男とのリレー形式での返済をすることによって、毎月の返済額を少なくする方法があるということで、借り換えをすることにしたそうです。
結果的に毎月15万円払っていた返済額を、52000円まで減らすことができたそうです。
40代の男性は、変動金利で借り入れていましたが、これから金利が上昇する可能性があるということで、固定金利への借り換えを検討していました。
交渉の結果、保証料無しで借り換えをするうことができたそうで、費用を抑えることが出来ました。
毎月の返済額は1万円ほど少なくなり、返済総額は170万円ほど低くすることができたそうです。
借り換えの費用も保証料がない貯めやすくすみました。
50代の男性は、住宅ローン以外にもローンを組んでいたこともあり、一度借り換えを断られてしまっていました。
年収は高炒め問題ないのですが、どうしても他の借金が審査で引っかかってしまうということでした。
しかし他の金融機関では借り換えをすることが出来ました。
これは金融機関によって審査基準が違うからでしょう。
結果的に600万円ほど得をすることができたそうです。
35歳で会社を経営している男性は、つい最近住宅ローンを借り入れたのですが、業績が向上したため、借り換えを検討しました。
借り入れてから1年しか経っていないということで借り換えをすることができるか不安でしたが、結果的に800万円程度の節約になったそうです。
毎月の返済額も3万円も少なくなりました。
50代の男性は、現在の金利が高いということで、借り換えを検討していました。
変更後も安定して返済をしたいということで、長期固定金利を検討していたようです。
結果的に400万円ほどの節約をすることが出来ました。

更新情報

ページ上に戻る